• スマートコアラ

スマートコアラ

非常用 エレベーター で 搬入可能
モジュール 連結型 ナチュラル チラー ( CXRM シリーズ )

176 ~ 1.055kW ( 50 ~ 300USRT )[ ガス 焚 ]

特徴

非常用エレベーターで搬入可能

高さ31mを超える建築物には、非常用エレベータを設置することが義務づけられています。
この非常用エレベーターに搭載可能な寸法・重量に2分割することで、搬入を容易に行うことが可能です。

  • 最大搬入品(低温ユニット):
    寸法 長さ1,485mm×幅760mm×高さ1,880mm ・質量1,040kg
  • 非常用エレベーターの規定:
    有効出入口の幅1,000mm以上 ・ 高さ2,100mm以上 ・奥行き1,500mm以上 ・ 積載質量1,150kg以上 ・ 定員17名以上

既設更新により省エネルギー

冷房運転時には、ナチュラルチラー本体および冷水・冷却水ポンプ流量のインバーター運転により、当社従来機に比べ約23%の省エネルギーが可能です。

試算条件

  • S型ナチュラルチラー
  • 容量200USRT ・ 本体COP(HHV)1.01 ・ 操作盤8kW ・冷水ポンプ121m3/h ・ 揚程40m ・ 入力18kW ・ 冷却水ポンプ200m3/h ・ 揚程25m ・ 入力19kW
    スマートコアラ容量200USRT ・ 本体COP(HHV)1.11 ・ 操作盤2.3kW×4・冷水ポンプ121m3/h ・ 揚程40m ・ 入力18kW ・ 冷却水ポンプ183m3/h ・ 揚程25m ・ 入力17kW

冷水及び冷却水ポンプはインバーター ・ 50%負荷時は冷水ポンプ約5kWで冷却水ポンプ約6kW

  • 年間冷房運転時間1200Hr ・ 平均負荷率50%として計算
  • 電力一次エネルギー 9.76MJ/kW
  • 都市ガス13A高位発熱量 45MJ/m3N

既設機と同等の設置保守スぺ-ス

既設ナチュラルチラーとスマートコアラの設置保守スペース面積は同等です。
(200USRTで比較)

運転制御

スマートコアラ(200USRTの場合を例に説明)を構成する4モジュールが負荷に応じて台数制御運転を行います。台数に合わせて冷水・冷却水ポンプ流量をステップ状にインバーターで制御することにより大幅な省エネルギーが可能となります。

仕様

冷水12~7℃/冷却水32~37.9℃/温水60℃

型式
HAU-F
50CXRM 100CXRM 150CXRM 200CXRM 250CXRM 300CXRM
モジュール組み合わせ 50CXRMx2 50CXRMx3 50CXRMx4 50CXRMx5 50CXRMx6
冷房能力 USRT 50 100 150 200 250 300
kW 176 352 527 703 879 1,055
暖房能力 kW 131 263 394 526 657 789
kcal/h 113,070 226,140 339,210 452,280 565,350 678,420